Image D・OiLとは Line Image D・OiL Nとは Line Image B5とは Line Image 製造プラントについて/特徴と基本仕様 製造工程 設置例 Line Image D・OiLニュース Line Image お問い合わせ
バイオディーゼル燃料事業 D・OiLニュース
  • 『油~モア プロジェクト2015』11・12月トピックス

【平成27年度松山市総合防災訓練に参加】

当社は、本年8月11日に松山市と『災害時等の物資の供給に関する協定』を締結してから初めて、総合防災訓練に参加しました。
本年度の訓練は、南海トラフ巨大地震の発生を想定し、「地震災害から市民の生命を守るための行動」に重点を置いて、地区住民や関係機関職員、事業者ら約900人の方々が参加しました。

  • ■2015年11月7日/陸上自衛隊松山駐屯地小野訓練所<松山市>
  • 写真左)当社D・OiLとクリクラの展示ブース
  • 写真右)担当者の指示に従い給油スペースを速やかに確保

【松山北高校がD・OiL松山事業所に職場訪問】

愛媛県立松山北高校では教育課程に「総合的な学習の時間」を設けており、この度、その一環として1年生計41人がD・OiL松山事業所で職場見学を行いました。
見学後の生徒感想文には、一人一人力強い言葉や思いが書き記されており、その素直さに感銘を受けました。引き続き、生徒さんに誇れる活動を行っていきますので、当社『油~モア プロジェクト』へご参加ください。

  • ■2015年11月19日/D・OiL松山事業所<松山市>
  • 写真左上)寒い中、屋外設備も見学いただきました
  • 写真右上)屋外設備の説明を熱心に聞き入る生徒の皆さん
  • 写真左下)屋内施設2Fの見学スペースから製造工程を紹介
  • 写真右下)環境プログラムを受講いただきました

【"すごいもの博2015"で油~モアプロジェクトをPR】

この時期恒例の『えひめ・まつやま産業まつり"すごいもの博2015"』に出展させていただき、昨年同様に愛媛県県民環境部環境政策課様と循環型社会推進課様と共同でバイオ燃料「B5軽油」など、油~モアプロジェクトをPRしました。
当日、会場まで廃食用油を持参いただきました皆様方や会場にて油を回収させていただきました出展者様、ご協力ありがとうございました。

≪回収にご協力いただいた出展者様≫
伊予鉄会館、さんりん亭、九代目能三食堂、焼き鳥阿呆鳥外販部、助格、いろは屋、おがた蒲鉾、GP(新居浜市)、ビージョイ、伊方町、愛南町、愛媛県養鶏協会、四国中央市、松前町、鬼北町、愛媛県漁協女性部連合会

  • ■2015年11月21日~22日/城山公園やすらぎ広場<松山市>
  • 写真左)中村知事(中央)も当ブースに立ち寄りいただきました
  • 写真右)会場内の発電機に当社のバイオ燃料を使用(エコ発電)
  • 『油~モア プロジェクト2015』9・10月トピックス

【バイオディーゼル燃料モニター事業が始まりました】

愛媛県では、地球温暖化対策の観点からエネルギーの地産地消を目指し、地域で回収した使用済み天ぷら油を原料とするバイオディーゼル燃料の利用拡大を図るモニター事業を実施しています。
本事業を広く周知いただくため、今年度は路線バスにバイオ燃料『B5軽油』を使用してもらい、旅客市場での使用実績を積み重ねるとともに、そのモニター車両に啓発ステッカーを掲出する取り組みを始めました。

  • ■2015年10月1日/宇和島自動車株式会社<愛媛県宇和島市>
  • 写真左)モニター車両の路線バスに給油する当社スタッフ
  • 写真右)みきゃんがエビフライに乗っている啓発ステッカー

【”使用済み天ぷら油でろうそく作り!”が大人気】

今年も『愛媛の3R企業展』に参加しました。本展示会は、県内事業者と愛媛県が協力して行っている3Rの資源循環優良モデルの取り組みを県民、企業の方々にアピールすることを目的に開かれるもので、今年も多くの方にご来場いただきました。
今回は、恒例の親子向けリサイクル理科実験教室のほかに、新企画として『使用済み天ぷら油でろうそく作り!』の体験教室も合わせ実施しました。これがとても好評で、整理券を配布すると直ぐなくなる状況にスタッフも歓喜雀躍でした。

  • ■2015年10月10~11日/エミフルMASAKI<愛媛県松前町>
  • 写真左)バイオディーゼル燃料を作るリサイクル理科実験教室
  • 写真右)期間中6回実施した体験教室はすぐに定員いっぱいになりました

【ゆるキャラ®と相乗効果で大盛況】

東温市の観光拠点のひとつ『レスパシティ(坊ちゃん劇場)』を会場として開かれた「フードフェスティバル」に今年も参加させていただきました。
三世代で楽しめるイベントとして定着している「とうおんゆるキャラ®まつり」やミニライブ等も同じ会場で開催され、例年以上の来場者があり、大盛況でした。

  • ■2015年10月18日/レスパシティ<愛媛県東温市>
  • 写真左)油回収車のドイルくん号(中央)もブース横に展示
  • 写真右)ストッピーの姿が見えないぐらい大盛況のゆるキャラ®まつり

【子どもたちも天ぷら油リサイクルに興味津々】

西予市では、市民の環境意識向上を目的とした「環境フェア」を毎年開いており、今年は「第24回こどもまつり」と合同での開催でした。
当日は天候にも恵まれ、多くのお子様連れご家族が来場。「天ぷら油のリサイクルで、君のまちを油~モアタウンにしていこう!」と呼びかけました。

  • ■2015年10月27日/野村児童館”ゆめちゃんこ”<愛媛県西予市>
  • 写真左)当社スタッフの説明に興味津々な子どもたち
  • 写真右)地元ケーブルテレビが取材に来ていました
  • 『油~モア プロジェクト2015』7・8月トピックス

【平成27年度新エネルギー見学会の開催】

愛媛県では、次世代を担う子供達に対し、新エネルギーに対する理解促進と普及啓発を図るため、松山市内にある新エネルギー関連施設をバスで見学して回る『新エネルギー見学会』を開催しています。今年は、愛媛県経済労働部産業政策課様からの要請もあり、当社のD・OiL松山事業所の見学と、バイオ燃料等についての体験学習をしていただきました。
当日は45名の親子が参加し、熱心に〝環境学習プログラム"に取り組んでいただきました。この経験を生かし、将来も環境意識を持ち続けていただくことを願っています。

  • ■2015年8月10日/D・OiL松山事業所<松山市>
  • 写真左)関心を高めるため、映像、実験を交えた内容となっています
  • 写真右)高品質バイオディーゼル燃料と軽油の排ガス比較体験テスト

【3R企業エコツアー】

当社は愛媛県から「資源循環優良モデル」企業として認定を受けており、日々、資源循環型社会づくりを進めるための活動を行っています。また、この活動を通じ、当社の3R(リデュース、リユース、リサイクル)活動資源循環優良モデルの取り組みを広く県民に周知できればと考えています。
当日は、夏休みとあって小・中学生を含む33名が参加。後日、参加した皆さんから気づいたこと、学んだことの感想をいただきました。初めて知ること、体験することばかりのようで大変好評でした。また、機会があれば参加してください!!

  • ■2015年8月5日/D・OiL松山事業所<松山市>
  • 写真左)3Rについて解説する当社スタッフ
  • 写真右)晴天の中、汗をふきながら屋外設備を見学する参加者

【地球に優しいエネルギーを考えるバイオマス教室】

松山市浄瑠璃町の久谷中学校で、本プロジェクトの環境学習プログラム〝バイオマス教室″を出前授業の形で実施しました。当日は、3年生75名を対象に実液を使った製造実験とバイオカートの試乗を体験いただきました。生徒の皆さんは授業内容全てに興味津々で目を輝かせ、改めて環境についての関心を高めていただいたようです。最後に当社スタッフと記念撮影を行うなど、とても和やかで有意義な教室となりました。

  • ■2015年7月4日/久谷中学校<松山市>
  • 写真)廃油回収車をバックに生徒の皆さんと記念撮影
  • 愛媛県松山市と災害時等の物資の供給に関する協定を結びました
  • <2015.8.11>

このたび、松山市と『災害時等の物資の供給に関する協定』を締結しました。8月11日松山市役所本館3階第1会議室において調印式が行われ、松山市長の野志克仁様と当社社長の大亀裕が協定書に署名し、近い将来、発生が危惧されている南海トラフ巨大地震をはじめ、豪雨災害など様々な災害に備えるため、協定を締結する運びとなりました。当社は、避難所への飲料水や、緊急車両用のバイオ燃料を優先的に供給することを約束しました。
署名に先立って野志市長は「行政同士や民間企業との連携を強めている中、心強いサポートをしてもらえる」とあいさつ。これを受け、当社の大亀は「いま一度、災害の危機管理の備えを厚く、いざという場面に万全に対応できるようにいたします」と述べました。

  • 写真左)松山市役所で開かれた調印式にはテレビ局も取材に
  • 写真右)調印後、野志市長(左)と当社社長の大亀ががっちり握手