会社概要 Line ごあいさつ Line スローガン Line 電子公告 Line 会社沿革 Line ネットワーク Line 関係会社 Line アクセス Line 営業カレンダーPDF
2005年 7月 株式会社ダイキアクシスを設立(資本金3千万円)。
  10月 ダイキ(株)より、環境機器関連事業、住宅機器関連事業およびバイオディーゼル燃料関連事業を分割継承。合わせて、子会社7社(ダイテク、環境分析センター、川内ダイキ、津島ダイキ、福島ダイキ、信州ダイキ、大連大器環保設備有限公司)を譲り受ける。
資本金を10億円とする。
コンパクトタイプ浄化槽 『MCP型』を発売。
2006年 3月 コンパクトタイプ浄化槽 『TRB型』を発売。
ディスポーザ対応浄化槽をダイキアクシス、他3社で共同開発・発売。
  7月 製造子会社の川内ダイキ(株)、津島ダイキ(株)、福島ダイキ(株)、信州ダイキ(株)を吸収合併し、それぞれ松山工場、津島工場、福島工場、信州工場とする。
  9月 資本金を16億2,150万円とする。
2007年 4月 『地下水飲料化システム』を発売。
  11月 『東武産業株式会社』 <名古屋市> を子会社化。
愛媛県東温市で家庭用廃食用油の回収を開始 。 <D・OiL営業部が協力>
2008年 4月 高度処理型浄化槽 『DCN型』 を発売。
  5月 熱分解連続炭化装置 『CBNXシリーズ』 を発売。
  6月 『東武設備管理株式会社』 <名古屋市> を子会社化。
2009年 4月 軽油特定加工業者登録を完了(四国第1号)。
  5月 高純度バイオディーゼル燃料『D・OiL N』、バイオ燃料混合軽油『B5』の製造を開始。
  6月 『クリスタルクララ事業部※現:ウォーターウェア営業部』を設立。
  12月 『株式会社アソラ』 <松山市> を設立。
2010年 1月 大栄産業株式会社と浄化槽関連事業に関して、業務提携契約を締結。
  3月 ディスポーザ排水処理システム『DAM型』を発売。
  6月 コンパクト型浄化槽『DCW型』を発売。
高度処理型浄化槽『DCX型』を発売。
ディスポーザ排水処理システム『DAM-S型』を発売。
2011年 1月 高度処理型浄化槽『DCP型』を発売。
  6月 コンパクト型浄化槽『RBC型』を発売。
  12月 『レックインダストリーズ株式会社』 <東京都> を子会社化。
2012年 4月 『株式会社シルフィード』の発行済株式50%を取得し、子会社化。
  9月 高度処理型浄化槽『XC型』を発売。
  10月 (株)シルフィードの残りの発行済株式50%を取得し、子会社化。
クリクラ製造で松山工場が”愛媛県HACCP制度”認証書を取得。
  11月 レックインダストリーズ(株)の発行済株式22.8%を取得し、当社出資比率が72.9%となる。
  12月 高度処理型浄化槽『XE型』を発売。
2013年 4月 高度処理型浄化槽『XE型』がエコマーク認定商品に。
  10月 バイオディーゼル燃料事業で第5回ものづくり日本大賞「四国経済産業局長賞」を受賞。
『PT.BESTINDO AQUATEK SEJAHTERA』<インドネシア> の発行株式の99.9%を取得し、子会社化。
  12月 東京証券取引所市場第二部に上場。
2014年 1月 高度処理型浄化槽『XE型』がエコマークアワード2013”プロダクト・オブ・ザ・イヤー”を受賞。
  3月 レックインダストリーズ(株)の発行済株式を追加取得し、完全子会社化。
  4月 PT.BESTINDO AQUATEK SEJAHTERAを増資し、出資比率を当社99.99%、(株)ダイテク0.01%とする。
  7月 松山市山田町にウォーターウェア営業部、配送センター、(株)ダイテク、(株)環境分析センターが移転。
  12月 PT.BESTINDO AQUATEK SEJAHTERAの新工場が完成。
東京証券取引所市場第一部に指定。
2015年 1月 東武産業(株)、東武設備管理(株)がそれぞれ『株式会社トーブ』、『株式会社トーセツ』に商号変更。
  4月 「東京本社」を新たに設置し、従来の本社(愛媛県松山市)との二本社制へ移行。
  8月 PT.BESTINDO AQUATEK SEJAHTERAが『PT.DAIKI AXIS INDONESIA』に商号変更。
  9月 ディスポーザ排水処理システム『DDY型』を発売。
  12月 栄養補助食品『ウルトラグルコサミンN』を発売。
2016年 1月 新コーポレートスローガン『PROTECT×CHANGE』を発表。
(株)トーブの新本社ビル落成。
2月 (株)シルフィードが小形風力発電機VAS-3.0の量産を開始。
6月 ディスポーザ対応浄化槽『DSJ型』を発売。
8月 『DAIKI AXIS SINGAPORE PTE.LTD.』<シンガポール>を設立。
2017年 1月 (株)トーブが(株)トーセツを吸収合併。
3月 『株式会社岸本設計工務』 <松山市>を子会社化。
4月 事業本部・事業部制を導入。
ディスポーザ排水処理システム『DAC-S型』を発売。
10月 『D・OiL<ディー・オイル>』ブランドがエコマーク認定商品に。
松山工場が『ISO14001』認証を取得。
12月 (株)岸本設計工務が『株式会社DAD』に商号変更し、本社を松山市山田町に移転。
2018年 1月 太陽光発電事業に参入
『フジムラインベント株式会社』<名古屋市>を子会社化。
2月 コンパクト型浄化槽『GA型』を発売。
3月 合弁会社『大器凌志(宜興)有限公司』<中国>を設立。
フジムラインベント㈱が『株式会社DAインベント』に商号変更。
4月 愛媛県内のセブン-イレブン配送車両にB5軽油供給開始。
7月 『DAIKI AXIS INDIA PRIVATE LIMITED』<インド>を設立。
11月 『DHアクア株式会社』<松山市>を子会社化。
『Crystal Clear Contractor Pte.Ltd.』<シンガポール>を孫会社化。
12月 (株)DADの機材管理センターを松山市山田町に移転し、『機材センター』に改称。