Image 製品紹介 Line Image 施設管理 Line Image 各種ダウンロード Line Image 水処理用語集 Line Image リンク集 Line Image お問い合わせ
排水処理事業
製品紹介
生活排水処理関連製品
はじめにお読みください。
ディスポーザ排水処理システムの適合評価基準と対応機種について
ディスポーザ排水処理システムの適合評価基準は、平成25年基準(案)、平成16 年基準(案)、平成13年基準(案)の3種類があり、どの基準を採用するかは、下水道を管轄する自治体によって異なりますので、当社営業担当者にご相談のうえ、機種選定をしていただきますようお願いいたします。なお、設置にあたっては、当該自治体への設置申請も必要となります。
ダイキアクシスのディスポーザ排水処理システム
平成16年3月基準(案)対応品 平成25年3月基準(案)対応品
種 別 型 式 評価番号 型 式 評価番号
戸建住宅用 DAM型 13-DIS-001 DDY-K型 DS-TR-004
集合住宅用 DAM-S型 13-DIS-002 DDY-S型 DS-TR-005
DAC-S型 DS-TR-008
※基準の詳細や最新情報につきましても、お気軽にお問い合わせください。
DDY型<住宅用>
ディスポーザ排水処理システム(浄化槽併用・下水道放流タイプ)
好気可溶化・担体流動方式
「ディスポーザ排水処理システム性能基準(案)平成25年3月」適合品
Image 戸建住宅用 DDY-K型/5人槽(FRP製)
[カプセル槽:製品認証コード/DT0415]
Image 集合住宅用 DDY-S型/14~2,210人槽(FRP製)
[円筒槽、カプセル槽:製品認証コード/DT0415、DT0515]
戸建・集合住宅用のDDY型は(公社)日本下水道協会が定めた「ディスポーザ排水処理システムの暫定規格K-18」の適合評価を取得した製品です。製造・販売時に必要な製品認証も全て取得していますので、安心してご採用いただけます。
本製品を設置する場合、ディスポーザ本体(右写真)については、
弊社指定品しかご使用いただけません。
  • DDY-K-5型
  • ディスポーザは、調理で発生する生ゴミを安全に破砕し、通常のキッチン排水と混ぜて配水管に排出できます。シンク下に取り付けてスイッチひとつで簡単に処理でき、不快な臭いや汚れもなくなるので、キッチンがとても清潔になります。合わせてゴミ出しの手間が軽減されて、とても楽になります。
  • ディスポーザで処理できるもの/できないもの
ディスポーザの操作はこんなに簡単。もちろん自動停止機能など安全対策も万全!
  • 上記使用手順は、推奨メーカーの標準的な手動給水タイプの場合です。他に全自動給水タイプもあります。
"便利""清潔"もあなたの想像以上。合わせて環境にも優しい。
[ディスポーザ設置のメリット]
  • 1臭いや虫の発生を抑えます
    調理くずや残飯を排水口に入れてすぐに処分できるので、手間も無く、三角コーナーが不要になり嫌な臭いや虫の発生が抑えられます。
  • 2不快な生ゴミ保管が不要
    面倒なゴミ出しの手間が軽減され、室内に生ゴミを保管する必要がないので清潔です。ゴミ集積所の臭いや汚れも緩和されます。
  • 3環境にも優しい
    ゴミ発生量の削減や焼却処分で発生するダイオキシンの抑制、埋立処分でのメタンガス発生の軽減などで環境保全への貢献ができます。
  • ディスポーザの仕組み
  • ディスポーザ取り付け例
特 長
> コンパクトな排水処理部
機能的な処理フローにより、当社従来品比でスペースを約4割削減しました。設置スペースの限られた敷地にも柔軟に対応できます。
> 悪臭発生を抑制
好気可溶化・担体流動方式の採用で、悪臭の発生を抑制しました。全ての槽をばっ気するシステムのため、排水が空気に触れない嫌気部分がありません。したがって、硫化水素などの悪臭ガスの発生が低減されます。
  • ご注意ください!ディスポーザの単独設置は
    条例などで禁止されています。
  • ディスポーザを取り付ける際は、必ず専用の排水処理システムを設置しなければなりません。
    破砕した生ゴミが混ざったディスポーザ排水は、通常のキッチン排水より汚れの負荷量が増えていますので、そのまま浄化槽や下水道に流すことができないためです。
性 能
Image 放流水質:設計目標水質
BOD :300mg/L未満
SS :300mg/L未満
N-ヘキサン :30mg/L以下
Image 放流水の基準
BOD :600mg/L未満
SS :400mg/L未満
N-ヘキサン :70mg/L以下
フローシート
Image
仕様
型        式 DDY-K-5型
人槽(人) 5
寸法(mm) 全  長  A 1,080
全  幅  B 630
全  高  C※1 1,110
流入管底D 220
放流管底E 310
流入・放流管径 Φ100
有効容量(㎥) 無機分離槽 0.059
好気可溶化槽 0.166
流動床 0.14
分離槽 0.023
総容量 0.388
本 体 重 量(Kg)※2 30
ブロワ 80L/分
マンホール Φ300×2
Image
※1 全高はマンホール上端からの寸法です。 ※2 本体重量はマンホール、担体を含んだ総重量(目安)です。