Image 製品紹介 Line Image 施設管理 Line Image 各種ダウンロード Line Image 水処理用語集 Line Image リンク集 Line Image お問い合わせ
排水処理事業
製品紹介
生活排水処理関連製品
GA型【2018年2月発売】
コンパクト型浄化槽
固液分離担体流動生物ろ過循環方式
建築基準法施行令 第35条第1項の大臣認定品
Image 51~280人槽
特 長
> 当社では初めて、51人槽以上の本体外槽にカプセルタイプを採用
「処理対象人員が51人以上の浄化槽は、円筒タイプでないと」・・・そんな社内常識を覆し、当社では初めて、51人槽以上の本体外槽にカプセルタイプ<FRP製>を採用しました。
長年培ってきた当社の汚水処理技術と製造ノウハウが、これを可能にしました。
> 計画生産品なので、納期短縮の要望に対応可能
円筒タイプは基本的に受注生産品で、製造するにはどうしても時間がかかります。比べて、主に小規模浄化槽に採用されているカプセルタイプは、円筒タイプよりも製造工程が簡単なので、計画生産品にできるため、お客様の納期短縮の要望にも対応できます。

※在庫状況によっては、ご希望に沿えない場合もあります。

> 全高が低いコンパクト仕様で、施工性が大幅に向上
従来の同等処理性能品(円筒タイプ)に比べて、全高が460㎜も低くなり、地下水位の高い現場や岩盤等の現場に設置し易くなりました。合わせて掘削土量も約30%削減できます。
[凡例]
> GA-K1型(70人・14m3/日)・・・カプセルタイプ
> 従来品:DCW型(70人・14m3/日)・・・円筒タイプ
※自然放流タイプでの比較
> 手間も費用も抑えられるメンテナンススケジュール
維持管理の頻度は3ヵ月に1回でOK。
■参考:他機種 流量調整タイプの維持管理頻度は1回/2週

> 最も負荷の高い担体流動槽第1室には、
形状を工夫した高性能オリジナル担体を使用
担体流動槽第1室には、当社が独自開発した高性能なオリジナル担体を使っています。
形状を工夫したうえ(二重の円筒状)、サイズもφ60×H70㎜とビッグサイズで、生物付着量が多いため、高い浄化能力を持っています。

※担体流動槽第2室の担体はφ18×18H

image
性 能
Image 放流水質
BOD :20mg/L以下
COD :30mg/L以下
N-ヘキサン :20mg/L以下
SS :20mg/L以下
フローシート
Image