Image 製品紹介 Line Image 施設管理 Line Image 各種ダウンロード Line Image 水処理用語集 Line Image リンク集 Line Image お問い合わせ
排水処理事業
製品紹介
産業排水処理関連製品
コアリアクター OS型/CA型
バイオ流動床汚水処理システム
流動床方式
コアリアクターは、流動床の採用による高負荷・高効率運転が可能で、汚泥の発生量も少なく、メンテナンスも容易です。バイオの力で、除害処理がよりパワフルで経済的に行えます。
Photo
OS型 施工例 <大阪府>
流動床の構造について
本システムが採用する流動床方式は、汚水中で特殊担体(コアペレット)に微生物を付着させ、それを流動させながら有機物や油分を除去する方式です。
微生物群
特殊担体に付着した微生物群
Image
流動槽断面
OS型 流動床方式 <スポンジ担体仕様>
従来の流動床方式と比較して、高い油分解能力を持ち、汚泥発生量ゼロを達成した画期的なシステムです。微生物保持能力に優れた高機能担体を使用し、油分解菌を注入することで、システムのコンパクト化を実現しました。
特 長
> 微生物保持量が多い
比表面積が大きい特殊なスポンジ担体を使用することで、非常に多い微生物保持量を実現しました。
> 高い油分除去能力
油分解菌を採用し、高い油分除去能力を発揮します。
> 汚泥発生ゼロが可能
2段階の生物処理を行うことによって、微生物に機能的な役割分担をさせ、より効率良い有機成分の除去能力と汚泥発生ゼロを可能としました。
> 省スペース
沈殿槽が設置不要なので、省スペースになります。
フローシート
Image
CA型 流動床方式 <中空円筒担体 コアペレット仕様>
特殊担体"コアペレット"を採用したコストパフォーマンスの高い除害処理システムです。従来方式と比べて、高効率・高負荷運転が可能でコンパクトに設計できます。また、汚泥発生量も少なく、目詰まりの心配もありません。
特 長
> 高い油分除去能力
高負荷・高効率運転が可能で、従来方式の2~5倍の流入油分濃度の排水を処理できます。
> コンパクト
生物処理槽の容量は従来方式の約1/5で済むので、コンパクトに設計できます。
> 維持管理が容易
余剰汚泥の発生量が少ないため、担体の目詰まりが無く、維持管理が容易です。
> 低コスト
従来方式と比較して、イニシャル・ランニングコスト共、約1/2に抑えられます。
フローシート
Image