Image 製品紹介 Line Image 施設管理 Line Image 各種ダウンロード Line Image 水処理用語集 Line Image リンク集 Line Image お問い合わせ
排水処理事業
製品紹介
産業排水処理関連製品
コアリアクター MS型
ハイブリッド型排水処理システム
担体流動膜分離活性汚泥処理方式
コアリアクターMS型は、最先端の生物処理技術「担体流動処理」と最先端の固液分離技術「膜分離処理」を組み合わせたハイブリッド型の処理方式を採用しました。微生物処理を高効率で行う担体流動方式と、排水を中空糸膜で物理的にろ過し、汚泥と処理水を分離する膜分離処理で、効果的に排水処理します。
特 長
> 高濃度排水の高負荷運転処理が可能
汚泥と処理水の固液分離は、膜分離処理により行うため、従来の重力沈降式の固液分離では汚泥の沈降性が障害となり処理不可能であった高濃度の排水での高負荷運転が可能となります。
> 高品質処理により処理水の再利用が容易
孔径0.4μmの超微細孔での膜ろ過処理により、浮遊物質(SS)が全く含まれない高品質の処理水が安定して供給されます。そのため、処理水は中水などへの再利用が容易に行えます。
> 汚泥発生量が少ない
特殊担体では、付着した微生物の多様化が生じ、従来の活性汚泥処理方式と比較してより高等な生物が出現します。それにより食物連鎖が長くなり、汚泥の減容化が行われます。
> 日常管理が容易に
従来の活性汚泥処理での沈殿槽からばっ気槽への汚泥返送など、煩雑な管理が不要です。
担体流動処理とは
担体流動処理は、特殊担体(スポンジ担体)に付着した微生物を反応槽内で流動させることで、汚水中の有機物を除去する処理方式です。有機物の濃度に応じて特殊担体に付着する生物量が変化するため、流入変動に対して安定した処理能力を発揮します。
Photo
膜分離処理とは
膜分離を行うストロー状の中空糸膜の表面には、0.4μmと極めて小さな穴が開いており、これによりコロイド状物質や浮遊物質、大腸菌類などの微粒物質をカットします。
Image
フローシート
Image
>
前処理装置
 
沈砂槽、並目スクリーンを設けて、砂や夾雑物などを除去します。
>
流量調整槽
 
不規則に流入する汚水の水質や水量の変動を平均化し、一定量の汚水を生物流動槽に移行させます。
>
第1生物流動槽
 
排水中の有機成分は、有機成分除去能力の高い分散性細菌により分解され、有機成分から分散性細菌への転換(増殖)を行います。
>
第2生物流動槽
 
第1生物流動槽で有機成分から転換した分散性細菌は、スポンジ担体に高濃度に保持された微小動物群により捕食され、SSの減容化が行われます。
>
膜分離槽
 
膜分離槽では、浸漬した中空糸膜により、汚泥と処理水の固液分離を行います。