Image 製品紹介 Line Image 施設管理 Line Image 各種ダウンロード Line Image 水処理用語集 Line Image リンク集 Line Image お問い合わせ
排水処理事業
製品紹介
産業排水処理関連製品

流動床式膜分離システム コアリアクター MP型

担体流動と膜分離のハイブリッド処理で高負荷運転と清澄な処理水を実現

“コアリアクターMP型”は、高度な排水処理法とされる『担体流動』と『膜分離』をハイブリッド化することで、高負荷・高品質処理を実現しながら、汚泥発生率も抑えることができる画期的な産業排水処理システムです。
担体流動には、微生物が付着し易い高性能な担体を使用し、潤沢な生物膜によって、非常に高い処理能力を発揮します。膜分離には、固液分離処理としては現在、最も優れているといわれる中空糸膜ろ過(外圧式)を採用しています。0.4µm(ミクロン)もの非常に微細な孔で活性汚泥を物理的にろ過するので、SSが全く含まれない透明な処理水が得られます。

適用施設
厨房排水
  • 飲食店
  • 給食センター
  • 宿泊施設
  • ショッピングセンター 等
食品加工施設排水
  • 洋菓子製造工場
  • パン製造工場
  • 惣菜製造工場
  • 豆腐製造工場
  • 牛乳加工工場 等
適用排水
厨房・食品加工施設等の有機系排水
適用流入水質
BOD:数百~数千mg/L
担体
生物膜が付着した使用中の担体

特長

高濃度排水の高負荷運転処理が可能
汚濁物質が数千mg/Lに至るような高濃度排水において、従来の重力沈降式の処理では、汚泥の沈降性が律速となって高負荷運転ができませんでしたが、MP型は膜分離処理を採用することにより、これを可能としました。
担体流動で効率的に汚れを分解しながら、汚泥発生量も低減
プラスチック製で、ヘアカーラーに似た網目・円筒形の担体の内側表面には、高密度で多様な生物相が形成されます。この豊富な微生物の食物連鎖による高効率な分解作用で、汚泥発生量を大幅に抑えることができます。
膜分離による高品質処理により、処理水の再利用が可能
担体流動槽で処理された水が膜分離槽に送られ、活性汚泥でさらに有機物を分解します。合わせて、孔径0.4μm の微細孔仕様の中空糸膜(外圧式)でろ過を行い、SSを全く含まない清澄な処理水を安定して造り出します。高品質な処理水は、トイレや散水などに再利用できる中水へ容易に転用が可能です。
安定した処理性能を発揮。日常管理が容易で低ランニングコストも実現。
MP型では、前段処理の担体流動でほとんどの有機物を処理できるので、そのあとの膜分離において膜への負担が少なく、より安定した運転を可能としました。
また、従来の活性汚泥処理で行っていた汚泥返送などの煩雑な日常管理が不要なうえ、余剰汚泥量が少ないために処分費も抑えられるので、ランニングコストの低減も期待できます。

中空糸膜ろ過(外圧式)処理について

コアリアクターMP型に採用されている中空糸膜は、最新の"SADF膜"(ポリフッ化ビニリデン製)で、素材表面に0.4μmの微細な孔が開いたストロー状の膜で、吸引(=外圧)することによって、この孔を通して活性汚泥をろ過し、処理水を得ます。汚泥を物理的・強制的にろ過するので、汚泥沈降率の悪い排水でも処理できます。コロイドや大腸菌などの菌類もシャットアウトします。見た目にも非常に清澄な処理水となります。

原水と処理水の比較

特長

BODが10,000mg/Lに至るような高濃度排水でも処理が可能です。
常時安定した低BOD処理水が得られます。
イニシャル・ランニングコストが抑えられます。
設置スペースが、活性汚泥方式の1/2以下(当社比)になります。
装置の操作や汚泥管理が簡単なので、維持管理が容易です。
中空糸膜ろ過(外圧式)の原理
  • 低分子物質、イオン、水
  • 高分子物質、コロイド、菌類
  • 大腸菌類
仕様
膜材質:PVDF
公称孔径:0.4μm
膜面積:15m2、25m2
*1μm(ミクロン)=1mmの1/1000

“SADF膜”について

“SADF膜”は最新の中空糸膜で、耐久性に優れるうえに単位面積当たりの処理水量が非常に多いので、膜分離槽をコンパクトに設計できます。

素材をポリフッ化ビニリデンにすることにより、膜寿命がポリエチレン製の2倍以上に延びました。
糸径と膜長の最適化を行った結果、透過能力が当社従来製品の2~3倍に向上。ユニット1基当たりの処理水量が多く、装置をコンパクトにできるので、工事費用を抑えられます。
膜は高い強度を持つ特殊な支持体構造で、膜そのものの耐久性が飛躍的に向上し、破断などのリスクが激減しました。
縦型の膜ユニットは膜表面の洗浄効率に優れているので、ユニットの引き上げによる清掃は不要です。

従来品との比較

条件)
流入水質BOD:2,000mg/L、放流水質BOD20mg/L、処理水量100m3
*標準活性汚泥方式を100%とした場合
槽容量の比較例
ランニングコストの比較例

汚泥処分費=脱水ケーキ処分費で試算。

性能

放流水質
BOD:20mg/L以下

フローシート

上記は基本的なフローシートで、各種条件に応じて変更する場合があります。