Image 製品紹介 Line Image 施設管理 Line Image 各種ダウンロード Line Image 水処理用語集 Line Image リンク集 Line Image お問い合わせ
排水処理事業
製品紹介
産業排水処理関連製品

流動床式除害処理システム コアリアクターOP型

生物膜を多く保持できる高性能担体で汚泥発生量を削減 高負荷に対応した合理的処理フローでコンパクト設計が可能

“コアリアクターOP型”は、厨房・食品加工施設等の有機系排水を下水排除基準にまで処理する除害処理システムです。
生物膜を多く保持できる高性能担体を使用した流動床をベースに、水質に応じた合理的な処理フローを組む事によって、汚泥発生量を抑えながら、有機分を効率的に分解します。油分除去処理が必要な場合は、油分解菌を使って対応します。
また、高負荷運転が可能なので、コンパクトに設計できるうえ、汚泥処分費がほとんど必要ないので、ランニングコストも大幅に低減できます。

適用施設
厨房排水
  • 飲食店
  • 給食センター
  • 宿泊施設
  • ショッピングセンター 等
食品加工施設排水
  • 洋菓子製造工場
  • パン製造工場
  • 惣菜製造工場
  • 豆腐製造工場
  • 牛乳加工工場 等
適用排水
厨房・食品加工施設等の有機系排水
設計例<参考>
BOD
1000mg/L
SS
400mg/L
n-Hex
150mg/L
[流入水質]
BOD
300mg/L
SS
300mg/L
n-Hex
30mg/L
[放流水質]

排水種とその流入水質に合わせた処理フローの設定によって、目標とする処理水質に対応します。

特に油分濃度が高い排水の場合は、高濃度油分除去型の除害処理システムをご提案します。

担体
生物膜が付着した使用中の担体

特長

高負荷対応でコンパクト設計
担体流動槽には、非常に多くの生物膜を保持できる高性能な担体を使用しているので、高負荷処理に対応できます。合わせて汚泥濃縮貯留槽も必要ないので、従来品に比べ、とてもコンパクトな設計が可能です。
担体は耐久性の高いプラスチック製
OP型に採用している担体は、適度な柔軟性を持ったプラスチック製なので耐久性が高く、長期間の使用ができます。サイズが大きいので、槽外への流出する心配もなく、点検時や交換時の取り扱いも容易です。
豊富な微生物で汚泥発生量を低減
ヘアカーラーに似た網目・円筒形の担体は表面積が広く、多彩な生物相が形成されます。この豊富な微生物の食物連鎖による高効率な分解作用で、汚泥発生量を抑えることができます。これによって、汚泥処分費がほとんどかからなくなるので、ランニングコストを大幅に削減できます。

油分解菌を使用する場合

浮上油分の引き抜き作業が不要
OP型は、流動床と合わせて油分解菌を使用することで、優れた油分除去能力を発揮できます。浮上油分も無くなり、面倒な引き抜き作業が省略されて、維持管理が容易になります。
油分解菌の顕微鏡写真
処理メカニズム
油分解菌は適時、必要量が担体流動槽へ供給され、汚水中の油分と接触し、ばっ気されることによって休眠状態から覚醒します。活性化した油分解菌はそれ自身が油を分解するだけでなく、酵素(リパーゼ)を分泌することで、処理し辛い(難分解状態)汚水中の油分を、処理し易く(易分解状態)変成します。変成された油分であれば、有機物を処理する通常の微生物にとっても栄養源となりえるため、効率的に分解・除去されます。

フローシート

上記は基本的なフローシートで、各種条件に応じて変更する場合があります。