IR情報 ディスクロージャーポリシー
基本方針
株式会社ダイキアクシス(以下、当社)は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまが、当社の価値を正当に評価していただけるよう、当社に関する重要な会社情報の適時・適切・公正な開示を行ってまいります。
情報の開示方法
適時開示規則に定められている事項については、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)による開示を行い、公開後、速やかに当社ウェブサイトにも掲載いたします。また、適時開示以外の株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまにとって重要と考えられる会社情報の開示についても、同様に掲載いたします。ただし、通信環境障害や機械等の誤作動、その他不可抗力などによって、掲載が遅れる場合もあります。
沈黙期間
当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、四半期毎の期末から四半期毎の決算発表予定日までを沈黙期間としております。これらの期間中は、決算情報に関するご質問などへの対応は差し控えることとしておりますので、あらかじめご了承ください。ただし、開示すべき重要事項が発生した場合には、適時開示規則に従い公表いたします。
将来の見通し
当社が発表する業績予想や将来の見通し等のうち、歴史的事実以外のものについては、当社の判断による予測であり、作成時点において入手可能な情報による判断および仮定に基づいています。したがって、これらは先々の業績を保証するものではなく、将来の経済情勢や諸制度の変更等の不確定要素の影響を受け、実際に公表される業績等が見通しとは異なる可能性があることをご承知おきください。