新卒者のエントリー(マイナビ Line 採用の流れ・募集要項 Line セミナーのご案内 Line 先輩社員紹介 Line 中途採用 Line FAQ(よくある質問)
採用情報 先輩社員紹介
社長メッセージ 自分の目で見て、感じて、考えること。
例えば、本社と出先部門とを、もっと緊密にするとか。そうすることで、より強い会社ができると考えています。つまり、コミュニケーションを深めることが、企業成長の鍵となると思います。
そんな中で求める人物像は、ありきたりかも知れませんが、「前向き」であることです。最初の段階で、経験や知識は関係ありません。それらは入社してから覚えることです。経験は、社会人になってから着実に積み上げていけばいいと思います。
とにかく、何でも吸収しようというスタンス・意欲があれば、活躍できるでしょう。もちろんそれを応援するための教育にも、私たちは積極的に投資していきます。
現在、就職活動をしている学生の方に言いたいのは、「在学中にいろんな経験をしてください」という事です。自分の目で見て、感じて、そして考えることです。そうすれば、広い視野が身につきますし、常に考える力が身につきます。これからは、受動的な人では活躍できません。自分で判断し、行動できることが重要視されてきます。だからこそ、学生時代に、そのベースを養っておくべきです。ぜひ納得のいく学生生活・就職活動を送ってください。
Photo
代表取締役社長 CEO
大亀 裕

先輩社員紹介

※2017年2月作成

My spirit 多くの人が働く現場で大切なのは周囲のことを考えられること

エンジニア職

技術事業部 技術部 技術課

庭瀬 大

2016年入社 県立広島大学 生命環境学部 出身

<仕事の内容>

滞りのないよう、常に報・連・相を意識

排水処理設備を設置する現場の施工管理をしています。当初の施工計画通り進行しない時もあったり、複数の分野の下請け業者さんが同時に作業に入ることもあるので、工程状況によってはスケジュール調整も必要になります。また、時には仕様や施工方法も変更することがあります。

<仕事のやりがい>

2Dから3Dになるおもしろさ

設計図では2D(平面)だったものが、工事が進むにつれて目の前で3D(立体)になっていくのがとても嬉しく、やりがいを感じます。現場での失敗や行程の変更など、日々いろいろなことがありますが、現場が完成すると、それらを乗り越えた達成感を味わえます。

<これからの目標>

ひとりで現場を進められるように

私は建築系の出身ではなかったので、仕事に関する知識はゼロからのスタートでした。しかし、この職務を拝命したからには、与えられた仕事にしっかり向き合って積極的に知識を吸収していきたいと思います。今は、周りの皆さんにたくさんサポートしていただいて何とか仕事が進んでいる状態なので、1日でも早く一人前になれるよう頑張りたいと思います。

My spirit お客さまに頼りにされて感謝の言葉がいただけるように

営業職

西日本営業本部 住機本社営業部 特機課 建材担当

長井 耕司

2016年入社 松山大学 経済学部 出身

<仕事の内容>

まずは仕事を取ってくること

水回りの商材(浴室、キッチン、トイレ等)をメインとした売り込み営業をしています。工務店や建設会社に営業をかけ、自分がセレクトした商品が採用されるよう、新築・改修工事の戸建てやマンションなどの設備見積もりをさせていただいています。無事契約に至った後は、職人さんと打ち合わせを行います。

<仕事のやりがい>

お客さまからの感謝の声が一番の原動力

実際に自分が見積もりをした内容が採用されたときは、達成感もあり喜びを感じますが、お客さまから直接「助かった、ありがとう。」「よくやってくれた。」などの言葉をかけていただいた時が一番、この仕事をしていて良かったと思う時です。

<これからの目標>

お客さまの信頼が得られる一人前の営業に

まだ1年目なので、わからないことが数えきれないほどあります。電話対応一つとっても、すぐにお客さまの質問に答えられず、折り返さなければならないなど…。まずはビジネスマンの基礎を身に付け、そのうえでお客さまの信頼を得ることを目標にしていきたいと思います。

My spirit 新しいことに挑戦していくことを大切にマイペースで、自分らしく

営業職

西日本営業本部 環機本社営業部 本社営業課

檜垣 有沙

2016年入社 愛媛大学 農学部 出身

<仕事の内容>

環境機器類の営業を通じ、排水処理で水をきれいに

インターネットや新聞、設計事務所などから情報を収集。見積もりの作成や申請手続きなどに加え、設計事務所や建築業者、設備業者などと、打ち合わせや契約折衝を行います。そのほか、実際に現地で地質や地形を調査し、浄化槽や排水処理施設の設置寸法を実測し位置確認も行います。

<仕事のやりがい>

お客さまと会社・先輩との関係をつないでいく

入社して半年が過ぎ、お客さまから「いつもお世話になっております」「いつもありがとう」など、心のこもった感謝の言葉をいただくと、ダイキアクシスとお客さまとの間にある、以前からのつながりや親しみを感じます。先輩からのバトンをしっかり受け取り、時間をかけて積み上げてきた信頼関係を大切にしたいと思います。

<これからの目標>

広い視野をもって仕事の管理をする

一つの仕事に集中し、周りのことが見えてないことがあります。時間管理ができなくて、先輩や上司に迷惑をかけてしまう事も-。効率よく仕事をするために、期限を踏まえた、取り掛かる仕事の順位付けをしっかりできるようになることが目標です。

My spirit 自分でなければできないオンリーワンの存在をめざして

エンジニア職

生産事業部 生産技術課

赤木 俊介

2014年入社 愛媛大学 理学部 出身

<仕事の内容>

製品化への必須条件、製品強度の検討

生産技術課の業務は、排水処理装置の製品化・製作図作成・品質改善・コスト削減・強度試験などですが、現在の私の主な担当業務は製品強度の検討と確認です。具体的には3D CADソフトと構造解析ソフトによる製品強度の検討と実機を用いた強度試験を行っています。

<仕事のやりがい>

初めて大きな仕事を任せられた喜び

新製品を発売するためには、実機を用いた強度試験が必要不可欠で、その業務を主として任せていただいています。初めての工程決めや段取りなど、大変でしたが、責任をもって業務を遂行した結果、期限までに完了。予定通り、新商品の発売ができるようになったことが、今までで一番嬉しかったです。

<これからの目標>

専門的な分野で自分の武器をつくる

これからも経験、勉強を幅広くしなければなりませんが、自分にだけにしかできない専門的な力を身につけることです。特に強度試験、3D CAD、構造解析らに関する知識をレベルアップして自分の武器の一つにしていきたいと考えています。また、業務に関係する資格取得にも力を入れて取り組みたいと思っています。

My spirit 以前の自分と比べて進歩しているところがあるように

エンジニア職

技術事業部 設計部 設計課

鈴木 こはる

2014年入社 法政大学 国際文化学部 出身

<仕事の内容>

知識を組み合わせて、最適な設計をする

営業担当からの流入・放流水質、水量、設置スペースなどの条件をもとに、排水の種別や過去の実績を踏まえた上で、最適な排水処理設備を設計しています。食品製造工場や厨房排水などを始めとする有機系排水の排水処理設備のほか、上水事業や排水再利用設備など、幅広い分野の設計を行っています。

<仕事のやりがい>

図面が設備として完成したとき

制約が多い案件でまとまりよく設計できた時や、営業の希望金額内に収められたときに、少しだけ達成感を感じます。またアシスタントとして1年ほど携わっていた案件の完成写真を見た際に、やりがいを感じたとともに、自分でこの設備を設計できるようになりたいと強く思いました。

<これからの目標>

複数の分野で経験を積み、柔軟性を身につけたい

有機系排水の排水処理設備の設計に関して、一通りの知識を習得したいと思っています。個人的には文系学部出身ということもあり、一分野のスペシャリストを目指すよりも、複数の分野で経験を積み重ねて多面的な視点・思考力を身につけ、あらゆる状況に柔軟に対応できるようになりたいと考えています。

My spirit 日々の変化や気付きを記録しいつも「なぜ?」を考える

エンジニア職

開発部 開発課

井上 誠也

2016年入社 兵庫県立大学 大学院生命理学研究科 出身

<仕事の内容>

水質がより良くなる浄化槽の開発

現在は、家庭用浄化槽の開発に携わっています。家庭から出た排水を放流してもよい水質レベルまで処理するためには、「どういう処理方式」「どういう工夫」をするとよいのか、実際の浄化槽を改造しながら、日々模索しています。

<仕事のやりがい>

自分なりの解決策で水質が良好化

思ったような水質が出ないことに対して、自分なりに原因の推測をして解決策を立てて実験を行った結果、水質が良好化した時にやりがいを感じました。自分のような新入社員の意見も試させてくれる部署に感謝すると同時に、一つ一つ課題をクリアしていくことの大切さに気付けた経験でした。

<これからの目標>

携わっている浄化槽の製品化をめざす

浄化槽を製品化する前には、専門機関による『浄化槽試験』というものがあります。これは、浄化槽の処理能力が市場に出ても問題ないかを確かめるテストのようなもので、これに「問題なくクリアできる!」と自信をもって出せる浄化槽を開発することが目標です。

My spirit 海外というフィールドで販路の開拓・水環境の向上に挑戦

営業職

東日本特需事業本部 営業課

片桐 拓哉

2015年入社 日本大学 商学部 出身

<仕事の内容>

排水処理環境が整っていない東南アジアへ浄化槽を

東南アジアでは排水処理関連の法律整備が整っていない国が多く、適切でない処理や未処理のまま生活排水を排水していることがほとんどです。そのような環境の中で、現地政府やお客さまに排水処理について正しく理解していただくことで、浄化槽などの需要を生み出し、水環境の改善に貢献できるように奮闘しています。

<仕事のやりがい>

浄化槽の使用で東南アジアの水環境が向上

“浄化槽”という製品は日本では有名ですが、海外での知名度はほとんどありません。説明会などで、行政やお客さまが排水処理の必要性を理解していただいた時や、初めて実際に製品が導入され、完成現場で製品が使用されているのを見たときの事は大変印象に残っています。

<これからの目標>

さらなる販路の拡大を目指して

入社してからの1年間で各地の代理店の立ち上げに携わることができました。代理店を迅速かつ適切にサポートできるように、さらなる知識を身に付けるのが当面の目標ですが、その後は、各代理店とともに現地での販売拡大や大型案件を受注できるようになるのが目標です。

My spirit 知識や経験をたくわえて問題を解決できるエキスパートに

エンジニア職

東日本営業本部 東京施設部 東京施設技術課

神宮 将輝

2016年入社 日本大学 理工学部 出身

<仕事の内容>

様々な知識が要求される業務

主な業務は排水処理施設の稼働状況確認や改修工事などの立会いです。作業の際、まず機器の動作確認をするため機械や電気に関する知見が要求されます。そのほか、薬品などの化学的な知識も必要であるし、機器や設備の交換の場合は、工事に関する専門用語も知っておかないといけません。

<仕事のやりがい>

苦労の末の水質向上に達成感

排水処理には、なかなか水質が安定しない現場もあります。朝早く現地に行き、帰りは夜遅くなるなど、身体的に辛い時もありました。しかし水質向上に関する対策を実行することで、徐々に水質が安定してくると、苦労した分の喜びを感じることができました。

<これからの目標>

自分の判断で行動できるように

入社してから数か月経ち、業務にも少しずつ慣れてきてはいますが、まだまだ技術的なことで分からないことが多く、すぐに先輩を頼ってしまうことがあります。これらをできるだけ少なくしていくため、業務に必要な知識を学び、一日でも早く1人で行動できるようにしていきたいと思います。